電子カルテを導入ると仕事が2倍速くなる!

  1. ホーム
  2. 店舗運営を総合的に管理

店舗運営を総合的に管理

店員

多彩な機能を持つ会計機器

コンビニエンスストアで買い物をすると、レジに設置されている機械が実にいろいろな機能を持っていることに気づかされます。バーコードを読み取るだけで金額を自動計算し、液晶ディスプレイに内訳を表示したりするほか、ポイントカードを読み取ったりすることもできるようになっています。こうしたタイプのレジを、posレジといいます。posとは売上管理の手法の1つで、商品が販売される都度データを記録し、それを活用することをいいます。会計を迅速化できるだけでなく、日計や月計の算出、商品別の売上高、季節ごとの販売額の推移などさまざまな統計資料を作成し、経営分析に役立てることができます。posレジにはさまざまなタイプがあります。コンビニやスーパーで使われているような機種だと1台数十万、場合によっては百万円を超えることがあります。一方、簡易なエントリーモデルであれば1台20万円前後が本体価格の相場になっており、小規模な個人商店などでも導入可能です。posレジはパソコンと同様、さまざまなアプリケーションをインストールして利用します。先に述べた売上管理や統計処理のための機能はどの機種にもあらかじめ備わっていますが、その他に顧客データやスタッフの勤怠データを管理する機能を付加することもできます。また、カードリーダーを接続すればポイントカードやクレジットカード決済の導入も図れます。posレジの中には、クラウドコンピューティングを活用しているものもあります。これを導入する場合は店内にインターネット環境が必要になりますが、プログラムのアップデートが自動で行われるので便利です。